NOW LOADING

2018 FIFAワールドカップ ロシア アジア地区最終予選/tv asahi

scroll

みどころ

4年に1度、サッカーの世界No.1を決めるFIFAワールドカップ。予選含めた出場国数、テレビ視聴率はオリンピックを凌ぐ世界最大級のスポーツイベント。
世界中の国と地域から年齢制限ないナショナルチームが出場し、世界中の人々が魅了され、大熱狂する。そのFIFAワールドカップ、2018年ロシア大会の出場権をかけたアジア地区最終予選。
母国の威信を背負って日本代表「ハリルJAPAN」が挑む“絶対に負けられない戦い”。

  • グループA
    イラン
    韓国
    ウズベキスタン
    中国
    カタール
    シリア
  • グループB
    オーストラリア
    日本
    サウジアラビア
    UAE
    イラク
    タイ

2次予選までを勝ち抜いた12チームが2組に分かれてホーム&アウェーの総当たり戦を行う。
アジアのワールドカップ出場枠は「4.5」。

◇ 各組上位2チーム(計4チーム)がW杯出場

◇ 各組3位同士でアジア代表決定戦を行う

◇ 北中米カリブ海代表(4位)と大陸間プレーオフを行い、勝ったチームはW杯出場

今回のロシアワールドカップ アジア地区最終予選には日本代表の選手たちが強い“危機感”を募らせる。

  • ◆本田圭佑選手

    ワールドカップに出ることが当たり前の雰囲気になっていますけど、そんなことはない。勝って当たり前という試合ほど難しいものはないし、アジアレベルも上がっているので本当に苦戦すると思っている。

  • ◆香川真司選手

    1年間に及ぶ戦いの中で、9月に良いスタートが切れるかが大事。9月は欧州各国リーグが開幕した直後で準備期間がない上に、海外組の選手は開幕戦で欧州⇒日本、2戦目で日本⇒タイと長距離移動がある中での2連戦。相手も去年アジアカップで日本が敗れたUAE、爆発的サッカー人気に後押しされて勢いに乗るタイで、本当にいきなり厳しい戦いになると思っている。

  • ◆岡崎慎司選手

    日本は去年のアジアカップはベスト8で敗退していて、今、自分たちの力は絶対的なものではなくなっている。3度目のワールドカップ最終予選になるけど今回が一番難しくなるし、本当にいい準備をしなければ勝ち上がれないと思っている。大げさかもしれないけれど国と国の戦いで、命を懸けるくらいの気持ちで臨む必要がある。

選手たちの言葉からロシアワールドカップへの道のりは険しいものになるだろう。さらに、厳しい戦いになると予想される理由がある。

  • ★アジアカップのベスト4が3チームも同居!

    日本が入ったグループBは、2015年アジアカップでベスト4のチームが3チームもいる。
    優勝したオーストラリア、3位のUAE、4位のイラク。日本は準々決勝でUAEに敗れてベスト8だった。

  • ★9月の開幕2連戦は過酷な戦いのスタート!

    香川選手の言葉にあるように、海外組が多い日本代表にとって、各欧州リーグ開幕直後コンディションが万全でない中、長距離移動を伴う2連戦となる。
    アジアカップで日本が敗れた因縁のUAEとの開幕戦、高温多湿で大勢のアウェーサポーターが待ち受ける難敵タイとの第2戦。

  • ★開幕戦で敗れると…ワールドカップに出られない!?

    1998年のフランスワールドカップ以降、アジア最終予選で初戦を落としたチームはW杯に出場できていない。9月1日、UAEとの開幕戦は絶対に負けられない!

  • ★ワールカップ予選で日本は一度も勝ったことがない相手!

    日本にとって天敵とも言うべきオーストラリアを3大会連続で同じ組で戦う事となった。過去引き分けたことはあるものの、日本はワールドカップ最終予選では、何とオーストラリアに一度も勝ったことがない。
    今回も“日本キラー”の異名を持ち、日本戦でゴールをよく決めているFWケーヒルも健在で、要警戒!

  • ★実力差では測れない、何が起きるか分からない!

    前回のブラジルワールドカップ最終予選で日本は格下のヨルダンにアウェーでまさかの敗戦を喫した。
    世界的に見ても、多くのタレントを揃えたフランスが、1994年アメリカワールドカップ欧州予選で、格下のブルガリアに試合終了目前でゴールを許し、パリの悲劇と謳われた予選敗退があった。独特の緊張感で行われるワールドカップ最終予選は、思わぬ番狂わせが起きる。

ハラハラ、ドキドキの極みと言ってもいいほど見ているファン、サポーターが一喜一憂し、国中が興奮熱狂し、歓喜の瞬間を信じて監督、選手と一緒に戦う。
それが、ワールドカップ最終予選。

出演者

2016.09.01Thu
2016.09.06Tue
2016.10.06Thu
2016.10.11Tue
2016.11.15Tue
2017.03.23Thu
2017.03.28Tue
日本
[HOME]
よる7時放送
テレビ朝日系列
生中継※一部地域を除く
タイ
[AWAY]
【会場】
埼玉スタジアム2002
【放送席】
  • 解説:松木安太郎
  • 解説:中山雅史
  • ピッチ解説:中田浩二
  • 実況:吉野真治(テレビ朝日アナウンサー)
  • リポート:進藤潤耶(テレビ朝日アナウンサー)
【スタジオ】
  • ナビゲーター:川平慈英
  • 解説:セルジオ越後
  • 解説:松木安太郎
  • 進行:竹内由恵(テレビ朝日アナウンサー)
サウジアラビア
[HOME]
深夜2時21分放送
テレビ朝日
生中継※一部地域を除く
イラク
[AWAY]
【会場】
King Abdullah Sports City
【放送席】
  • 解説:鈴木隆行
  • 実況:寺川俊平(テレビ朝日アナウンサー)