NOW LOADING

2018 FIFAワールドカップ ロシア アジア地区最終予選/tv asahi

scroll

対戦国紹介

  • オーストラリア

    Australia(AUS)
    FIFAランキング:45位

    日本の対戦成績:8勝9分6敗
    W杯予選での対戦成績:0勝5分2敗

    2015年アジアカップ王者でありグループB最大のライバル国。
    日本キラーのケーヒルはいまなお健在であり、過去のワールドカップ アジア地区最終予選ではオーストラリアに未勝利の日本代表。
    2006年のFIFAワールドカップ ドイツ大会で逆転負けを喫した因縁の相手にリベンジなるか!?

  • サウジアラビア

    Saudi Arabia(KSA)
    FIFAランキング:61位

    日本の対戦成績:8勝1分3敗
    W杯予選での対戦成績:1勝1分0敗

    アジア地区最終予選での対戦は1993年のFIFAワールドカップ アメリカ大会のアジア地区最終予選以来。当時は0-0の引き分けに終わった。
    監督は2010年のFIFAワールドカップ 南アフリカ大会でオランダを率いた名将ファンマルバイク!
    アジア地区最終予選では史上初のサウジアラビアでのアウェー戦に挑む日本代表。7万人を超えるサウジアラビアサポーターが超満員のスタジアムで待ち受ける!

  • UAE

    United Arab Emirates(UAE)
    FIFAランキング:75位

    日本の対戦成績:6勝9分5敗
    W杯予選での対戦成績:2勝3分1敗

    2015年のアジアカップで敗れた因縁のリベンジマッチ!
    アジア地区最終予選での対戦は1998年のFIFAワールドカップ フランス大会以来。
    UAE史上最高の司令塔と言われるMFオマル、2015年のアジア年間最優秀選手FWハリルを擁するUAEとはアジア地区最終予選初戦で激突!

  • イラク

    Iraq(IRQ)
    FIFAランキング:103位

    日本の対戦成績:7勝3分2敗
    W杯予選での対戦成績:3勝2分0敗

    2015年アジアカップは平均年齢23歳以下のチームでベスト4に進出!
    リオオリンピックにも出場したU23代表はアジア最強とも称される黄金世代。その世代が最終予選に挑んでくる可能性も!?
    政情不安で国内で試合ができない為、2次予選はテヘランでホームゲームを開催した。

  • タイ

    Thailand(THA)
    FIFAランキング:131位

    日本の対戦成績:14勝3分1敗
    W杯予選での対戦成績:5勝0敗

    アジア地区2次予選は強豪イラクを上回り、無敗で1位突破を決める。
    アジア地区最終予選への進出は2002年のFIFAワールドカップ 日韓以来の快挙!
    タイ国内ではサッカー人気が急騰中。代表戦のホームゲームには約5万人ものサポーターが大挙して押し寄せる。
    日本戦が行われる9月は30度を超える高温&1年で一番の雨期。慣れないタイ独特の気候に勝てるか日本代表!?

※2017年7月6日現在のデータです。